物理障害は業者に | 迅速に対応してくれる日本データテクノロジー|ITマニア

迅速に対応してくれる日本データテクノロジー|ITマニア

女性

物理障害は業者に

パソコン

デジタル化が進んだことによって、今では重要なデータをHDDやCDなどのデジタル製品に保存することが多くなっています。デジタルデータは、アナログ気候と違って徐々に劣化していかないので、長期間良い状態で保存することができます。しかしデータの一部が破損してしまうと、全体にアクセスできないという部分もあります。そのため突然トラブルが発生して、大切なデータが消えてしまった、というトラブルも少なくないのです。論理障害なら比較的簡単にデータ復旧できますが、物理障害だと専門業者に依頼していないデータ復旧できない可能性が高いです。論理障害とは、フォーマットやパーティション変更によってアクセスできなくなった状態です。データは見られないのですが、パソコンには記録されているので、市販のソフトを使ってデータ復旧できる可能性が高いです。物理障害とは、機械自体が物理的に壊れて、データにアクセスできない状態です。パソコンを落としたり、水に濡らしてしまったりすると、物理的に壊れるのでデータ復旧が難しいです。メーカーに依頼した場合でも、機械は修理してもらえますが、データ復旧はしてもらえません。ですからデータ復旧の専門業者に依頼する必要があるのです。

データ復旧をしてくれる専門業者は、中小企業や大企業合わせて100社以上もあります。そのためどの専門業者を選べば良いのか悩んでしまいます。悪徳業者に依頼してしまうと、料金と相場以上に請求されたり、HDDに傷をつけられたりするので注意しましょう。口コミや実績などを確認して、技術力のある優良業者に依頼すれば安心して任せることができます。